エコエナジーを使っているということの伝え方

エコエナジーのラベルは製品やお店など世界中の様々な場所で見られるようになってきています。

出版社や化粧品ブランド、アイスホッケーのチームなどを含む世界中の様々な商業ブランドはエコエナジー認証を受けた電力に変更し、エコラベルを使っています。これはフィンランドの都市でも使われています。

エコラベルをもつ商品は環境を第一に考えるだけでなく、商品の印象を良くしたり可視性を高めたりリーチを広げたりします。

一枚の絵は一千語に匹敵します。以下、今までの例をご覧いただけます。

1. フィンランドアイスホッケーチームのスポーツ設備はエコエナジー認証を受けた電力によって作動されています。エコラベルがウェアに貼られています。

2. この人参はエコエナジー認証を受けた電力を使う農家によって育てられ、包装されました。

3. スペインにあるホテルブルーコルーニャはホームページにエコエナジーの証明書とエコラベルを載せています。これはグリーンエネルギーを使っているということを知らせる簡単でわかりやすい方法です。

4. フィンランドの都市の全ての公共建築物はエコエナジー認定を受けた電力を使っています。このようなパネル(フィンランド語と英語)を町中に設置しています。

5. スペインのエコオーガニックというチェーン店の5つの店舗はエコエナジー認証を受けた電力によって作動しています。電力消費についてとても意識しており、顧客にも節電を呼びかけています。

6. 1820年創業のフィンレイソンというテキスタイルブランドの全ての店舗はエコエナジー認証を受けた電力によって作動されており、フィンランドとスウェーデンにある全ての店舗の入り口にエコエナジーのエコラベルが貼られています。

7. Saimaan Juomatehdas醸造所で製造されたサイダーにはエコラベルが貼られています。この醸造所はスペインやイタリアの飲料会社にも影響を与え、彼らもエコエネルギーを使用するようになりました。これは、先駆者が良い影響を与えていく、一つのわかりやすい例でもあります。

8.Otavaというフィンランドで有名な出版社はエコエナジー認証を受けた電力で作動しており、エコラベルを本や設備に貼っています。

9. Loodusvägiというエストニアの豆腐はエコラベルが貼られている製品として知られています。

10. スペインの職人醸造所Urban beerは今年エコエナジーの電力に切り替えた飲料会社の一つです。

11. フィンランドのオーガニック石けんの製造者であるOle Hyväはいくつかのエコラベルを持っており、エコエナジーのエコラベルもその一つです。

全てのエコエナジー認証の電力消費者は、このような電力を使っているという証明や顧客とのコミュニケーションのためにエコラベルを製品に貼ることができます。エコエナジーのマーケティングチームは消費者のみなさまが再生可能エネルギーを使用しているということを発信するためのサポートを積極的に行なっています。

エコエナジーに切り換えるのはとても簡単です。ぜひお問い合わせください