エコエナジーと炭素算定

温室効果ガス(GHG)プロトコル

温室効果ガス(GHG)プロトコルとは炭素算定の世界基準です。これは世界資源研究所持続可能な開発のための世界経済人会議によって共同制作されたものです。

温室効果ガスプロトコルの事務局は20151月、購入された電力から排出される炭素の算定方法についてのガイダンスを制作しました。このような炭素の排出はカーボンフットプリント(carbon footprint)の用語でスコープ2の排出量(scope 2 emissions)として知られています。そのため、温室効果ガス(GHG)プロトコルのガイダンスはスコープ2ガイダンスと呼ばれています。

スコープ2ガイダンスはエコエナジーについて何度か触れています。企業の一歩前進を促進する第11章ではエコエナジーの気候基金について言及しています。

CDP

CDPは世界中の3000もの大企業に対して炭素算定の援助や効率的に炭素排出削減をする戦略を立てる援助を行なっています。

CDPは「スコープ2の排出量算定の技術注記(technical notes for accounting of scope 2 emissions)(例:購入された電力を作る際の排出量)」の15、16ページに、企業はまだ改善の余地があるということを言及しています。

「エコラベルは企業の電力購入をよりよくするための一つの方法です。温室効果ガスプロトコルスのコープ2ガイダンスで触れられているエコエナジーはそのようなエコラベルの選択肢の一つです。エコエナジーのラベルは追跡(tracking certficate)の上にさらに質の高さを意味するマークです。エコエナジーのラベルが貼られて売られている電力は厳格な環境基準を満たしており、再生可能エネルギー導入プロジェクトへの募金にもなります。エコエナジーは関わり、透明性、”言葉より行動”を原理としています。」

様々な言語での要約と背景知識

下のリンクから、温室効果ガスプロトコルのスコープ2ガイダンスについての私たちの要約と用語集に飛ぶことができます。